2015年01月26日

物もあれば偽物もありま6

本物もあれば偽物もあります。信頼が出来る会社かどうかは先ず会社概要を確認してみて下さい。特定商取引法で義務づけられている、会社名、住所、電話番号、責任者名の記載が正しくされていない場合は詐欺です。住所が記載されていた場合は、グーグルのストリートビューで確認してみて下さい。その場所にきちんとした看板が出ている会社か店舗が存在すれば問題がありません。アパート、マンション、どこかの一軒家、よその会社のビルなどいい加減な場所になっていた場合は詐欺です。ブランド品に激安はありません。2割以上安い場合は疑った方がいいはずです。常に半額以下といった場合は、偽ブランドか詐欺のどちらかしかありませ。中国人が仕掛けた罠の場合、お金を払っても何も届きません。ヴィヴィアン・ウエストエッドで財布を買おうと思っているのですが、それぞれのブランドのイメージ、年齢層を教えてください。高校1年生女子です。こんばんは!前の方がブランドの特質について、詳しく答えていらっしゃるので、そこは割愛させてもらうとして、私はマイケルコースの財布を使用してます。現行モデルで、長財布です。正規店購入で、3万円ほどでした。ヴィヴィアンは、ロゴが可愛いですよね☆使用してるマイケルコースは、背面が小銭で、前面がかぷせのタイプで、ちょっと珍しい感じです。長財布でお探しですか?それとも、二つ折りなどのコンパクトのサイズですか?財布の形によってデザインもお値段も変わって来てしまうので、細かい条件をクリアー出来る方がいいのかなと思います。ちなみにですが、マイケルコースはアウトレットにも入っています。最新のはありませんが、シンプルな長財布は1万円台で購入出来ます。素敵な財布が見つかるといいですね!ヴィヴィアンウエストウッドは、日本で販売しているのものほとんどは日本企業が生産しているライセンス製品です。そのぶん、価格も手頃ですが(イギリスのヴィヴィアンの輸入製品は日本製より高額です)、安い割には日本製品の方が品質はいいです。マイケルコースは、バッグが15万円前後の高級ファーストラインである「マイケルコース」と、バッグが数万円で買える中国生産で廉価版のセカンドライン「マイケル・マイケルコース」があり、財布などはこの「マイケル・マイケルコース」になります。セカンドラインの「マイケル・マイケルコース」は、ランクで言えばけっこう低めのブランドになりますが、MKのロゴマークなどが可愛いのと、品質は悪くないので、値段の割にはおすすめのブランド、というところです。どちらも、ルイヴィトンやグッチのようなハイブランドではありませんが、そこそこいいブランドなので、高校生が持つにはちょうどいセレクトだと思います。男子がボリードを持つことに対しての印象を教えていただきたく、皆様のご感想を聞きたいと思い質問をさせていただきました。あっち系に見られたりしないかが心配です(TT)バーキン40を時々使用したりはするのですが、ボリードはまた違う印象を持った顔を持つバッグな為心配です。皆様のご意見をお聞かせください。よろしくお願いいたします。。。まずエルメスは、ボリードについてはハッキリと「女性用のバッグ」と言っています。プラダやルイヴィトンなど、他のメーカーもあの形を出していますが、最初はどこと言うのが言えないほどヨーロッパにおいては伝統的な女性バッグの形です。日本人にとって、着物の右合わせ左合わせのように、ヨーロッパ並びにアメリカは女性用男性用のデザインの区別をはっきりつけます。日本で女合わせの着物を着て、ぽっくりを履いている男性のようなことになります。つまり、欧米の人から見たら、ボリードのデザインを持つのは明確にオカマです。日本の人はそこまで気にしないかもしれません。しかし、欧米人のゲイから誘われる可能性は非常に大きいので、それを踏まえてご自分で決めて下さい。マイノリティーなので、チャンスと思うとグイグイ来る方もいますよ…。日本にいる人で私の知る限り、ファッション関係やエルメス愛好者の中にもボリードを持つ男性は皆無ですが、小泉孝太郎さん位の爽やかさがあればありかなぁ?うーん、ギリギリありかギリギリなしかの境目と言うのが正直な感覚です。もし質問者さんが日焼けしていたら、絶対なしだと思います。サイズと形的には、ハンドバッグ感が強くてフェミニンだと思いますが、欲しいなら他人の目は気にする必要はないかと。自分なら、ボリードを買うよりは色違いのバーキンを買います。クロコダイルやリザードあたりならだいぶ印象も変わりますし、メンズ感も増すのでおすすめです。
posted by zeidoku1984blog at 13:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。